いい口コミばかり見てもダメ!悪い口コミこそキレイモの本当がわかる!

キレイモを利用しようかなと思っている人にとって口コミは貴重な情報源です。口コミは公式ホームページとは異なり、実際に利用した人の声なのですから、同じ「利用者」という立場の場合、どちらの方が参考になるのかは言うまでもないでしょう。
ですが、口コミを調べるのであれば良い口コミだけではなく、悪い口コミも見ておく事で「キレイモの真実」みが見えてくるのではないでしょうか。そこで、悪い口コをいくつかクローズアップしてみるとしましょう。
キレイモ15

・スタッフの対応が悪い

キレイモの悪い口コミで圧倒的に多いのがこれです。「説明が悪い」「上から目線」「何でこちらがあそこまで言われないといけないのか」といったように、スタッフへの応対に対して不満を抱いている人は多いようです。
ですが、スタッフの応対が良いとする声も多々見受けられますし、「いろいろな店舗を利用していたけど、店舗によってスタッフの応対が全然違う」という声もありました。いろいろな店舗があるだけに、このような声もあるのでしょう。

 

・効果が出ない

このような口コミもそこそこ見受けられました。何のために脱毛に足を運ぶのかと言えば、毛を処理したいからです。どれだけ良い料金制度であっても、効果が出なければ意味がありません。
むしろ効果が出なければ、利用者としては「詐欺」「騙された」「通うんじゃなかった」「他の所にすれば良かった」といった思いを抱いてしまうのではないでしょうか。
半年くらい通っている物の効果が出ないと嘆いている人おいるようですが、これほどまでに効果が出ないとなると、体質の問題ではなさそうですね。

 

・打ちもれが多い

脱毛を経験した事がない人は「打ちもれ」がどのようなものなのか分からないかと思いますが、脱毛は毛を剃ってから行います。毛に対してエネルギーを照射するのですが、照射出来ているかどうかはその場では分かりません。
同じ機械を使っているので誰もが効果を出しやすいとされているのが昨今の脱毛機器の長所ではあるのですが、一方ではやはり熟練したスタッフとそうではないスタッフとでは、このような部分で違いが出てきます。
打ちもれがあると、毛が生えてきた時、かえって格好悪い状態になります。それもそのはず、生えてくる部分を生えていない部分があるのです。ある意味毛が生えている状態よりも格好悪い状態になりますが、打ちもれが多いとの口コミも多いです。

 

・口コミが意味するもの

このような口コミがあるのも事実ですので、そこからどうするのかは各々次第ではありますが、キレイモとしてもこのような口コミは耳に入っているのですから、企業努力として改善しようと考えるでしょう。